2009年04月04日

初心者さん向けチンチラ講座 〜2〜

*必要物品

ケージ
チンチラ専用のものは、ウサギさんやフェレットさんよりお値段が
高めです

普通、ケージは横網か縦網ですが、本来のチンチラ用ケージはもち網のように縦横の網になっているため針金(?)の数のせいでしょうかw

cleanhome_chi.jpg


特にチンチラさん用である必要はありません。高さがあり、広さがあればウサギさん用でも、フェレットさん用でもかまいません。
簡単に食べられてしまうプラスチック・ゴムなどでなければ
自作でも構いません。
でも、最低でも縦横が60cm以上で、高さも100cmくらい欲しいです。
いずれ繁殖を望む方は、多少高くてもチンチラ用ケージがよいです。
仔チンは軽く網を抜け出します。°°(>_<)°°。



ハウス
消耗品だと思いましょうw
木製のウサギさん用がいいと思います。
よく天井が開いているものや網になっているものがありますが
きちんと隠れれるものがよいと思います。
横になり足を伸ばして寝ることもあるので、広めのものがよいですよ。

rabbithouse.jpg




食器
チンチラは何でもカジカジします。
プラスチックだけはやめましょう
陶製のしっかりしたものでもいいですが、金属製で固定できるものが、ひっくり返ることもなくお勧め。

hung_sho_pu_10.gif




給水器
平たいものがよいです。丸い形の物って意外と幅取るんですよ。。。

wat_bot_f_70.gif




ステージ・コーナー
チンチラは山岳地帯を飛び回ります。ケージの中の2〜3箇所くらいにつけてあげるとよいです。これも消耗品です。

moku_cornsta.gif


chinchira_stage.gif








砂浴び用容器・砂
チンチラと言ったら、これでしょw
中に入って寝ている姿がラブリ〜♪

img1023748018.gif



4906456513308_1.jpg







中でシッコしてしまう子がいるため、ケージ内に置きっぱなしにしない方がよいとのこと。家は置きっぱなしですが・・・
陶製なので涼しさも、ある程度あるのではないかと思います。

私は「チンチラはこれ!」
決めているので、これにしていますが
他にも、六角形のものや四角い透明のものもあります。

あと、自家製梅酒を作るときのビンに砂を入れてお散歩の時に、砂浴びをさせている飼い主さんもいます。


チンチラストーン・かじり木
一生歯が伸び続けるため、とにかく齧ります。
これ入れてあげると、一晩で一個なくなるときがあります。
このタイプのかじり木はお立ち台として使われてしまうので、床に転がしておくタイプのガジガジ君を入れると良いと思います。

760_chin_lava.jpg


kajiriki_corn_m.gif







フィーダー
牧草いれです。
ハウス横に設定されているものもあります。
絶対なければならないものでもありません。床材をワラにする場合なくてもよいです。入れ物に入れて床置きでもかまいません。

boku_lunch_box.gif




食べ物
ペレット(牧草などを粉々にして固めたもの)は、いろいろあります。
味も千差万別(らしい)チンチラを買うペットショップで何を使っていたかを聞き、同じものを使った方がよいです。

なかなか味にうるさいし、成分の違いから命取りの下痢を起こしたり便秘になったりします。ペレット変更時も一気にするのではなく、半分量ずつにしながら変えていくのが望ましいです。下痢などしないまでも、全く食べなくなるときもあります。

思うに、いつもいつも同じものがあるとは限らないことがあります。普段から数種類のものを食べさせておくといいと思います。ペレット選びは16-20%の祖蛋白、2.3-5%の粗脂肪、15-18%の粗繊維、9-10%の灰分に約20%のミネラルが含まれているか、成分表を確かめてみましょう

牧草は必ず入れます。アルファルファ、チモシーなどが一般的です。
アルファルファ
おいしい、高タンパク質、高カルシウム、高繊維質、草食動物の成長期に適している、チンチラなどに向く
チモシー
まずい、低タンパク質、低カルシウム、低繊維質、膀胱炎や尿道結石の防止に役に立つ、肥満や肝臓・腎臓疾患の治療に役立つ、高齢のチンチラにはよい

アルファルファばかりあげていると、味気ない(らしい)チモシーは食べなくなるそうです。我が家は基本チモシー(フィーダーにいれる)と床置きでアルファルファをあげています。

おやつ
基本的には必要ないとの説もありますが、お楽しみはほしいですよね。
毛球症予防に効果的とウワサの乾燥トロピカルフルーツ、レーズン、乾燥イチジク、リンゴ、キャベツなどウサギさんが食べるものはOKです。
    ↑
すべて乾燥してるもの



tropicalfulutepro.jpg
onigiri_bokusou.gif






でも、あまりやりすぎるとペレットを食べなくなってしまいます。
あくまでもお楽しみ程度にしてください。放流したときに呼び寄せるために使ってもいいですね。
ひまわりの種なども好きですが、脂肪分があるので家ではあげていません。人間と同じでメタボに気をつけましょう。

生の野菜はあげません。元々水分が豊富にある地域で生きているわけではなく、少ない水分で十分なようです。生野菜で水分を取りすぎたり、細菌が原因の下痢も多いらしいです。食べない子も多いです。

いろいろ、議論はあるようですが完全植物食性動物と思ってください。
動物性の食物はあげる必要はありません。



我が家はいれていませんが・・・
回し車を入れてる飼い主さんも多いようです。
samurai28.jpg

ただし、夜中に廻す子が多いので、飼い主さんの安眠妨害にw
お散歩を思うようにさせてあげられない時には必要かもしれません。
回し車は結構大きいサイズなので、ケージの広さに余裕が必要です。




ネットでの購入をお考えでしたら、こちらのお店が小動物専門店となっていて、品数もたくさんあってお勧めです。

          ↑
        クリックで飛びます


続きはコチラから
posted by ちんちろ at 21:45| Comment(0) | チンチラ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

チンチラ赤ちゃんの寝方

ちび大3.jpg


チンチラの赤ちゃんは、お母さんのお腹の下に入り
仰向けになって寝ます
お乳を飲みながら、このようなカッコで寝てしまいます。

生まれてすぐに動き回り、親と同じものを食べていますが
やっぱり基本は母乳

母チンも動き回っているときは、ほっておきますが
仔チンの動きが止まったり、近くにきたら
前足で仔チンを抱え込みます。
そして、↑の写真の体勢にw

ステージの上にいても、落とすことなく
しっかり抱いています。
おはぎは、二ヶ月ころまで頑張って抱っこしていました。

「もう抱けないだろう・・・」
と、こちらが心配になるくらいでした。

そのうち

ohagi&tibi.jpg


このように身を寄せ合うようにして寝ます。

普段は、やりたい放題のおはぎですが
お母さん
なんですねw
続きはコチラから
posted by ちんちろ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | チンチラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

犬のしつけ

本日は、ワンちゃんの耳寄り情報から先にお知らせします。


犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

TVチャンピオン、犬のしつけで優勝2回をされた遠藤和博さん
犬のしつけ講座です。

今の時代、大型犬も室内犬として飼っています。
マンションなどで飼われる方もたくさんいらっしゃいます。

そこで困るのが、しつけではないでしょうか?
特に泣き声や遠吠えなどが、近所迷惑になっています。
「待て」ができない、「お座り」ができない。

最近は、ドックスクールにお願いする方も少なくありません。
○万円も払ってスクールに入れたけれど成果が得られない!
と、いう話もよく聞きますし、
私の知り合いには、病気になって帰ってきた、怪我をして帰ってきた
という方もいます。

もちろん、すばらしいスクールもあります。
スクールは選ばなければなりません。

でも近所にスクールがあるという方は、そんなに多くはないでしょう。
不安を覚えながら、大事なアニマルちゃんを預けるのも不安ですよね。

一番よいのは、ご自身でしつけることだと思います。
信頼関係も、しっかり築くことができますし
何より、安心ですよね。





さて今日は、私の周りのアニマルをご紹介しますね。

ビック.jpg



実家の殿様犬、「ビック」です。

両親とも定年を迎え、特に仕事一筋だった父は
仕事がなくなったら絶対ボケるぞ!」という兄が
知り合いのブリーダーさんから譲り受けたワンちゃんです。

兄も、ドイツポインターとアイリッシュセッターを飼っており
しつけは厳しいけれど、大切に育てていることを知っている
ブリーダーさんだからこそ、破格な値段で譲ってくれたそうです。

両親とも、アニマルは決して嫌いではなく
むしろ、好きな部類なのですが
母が食品関係の仕事をしていたため夫婦二人の生活になっても
アニマルは飼わずにいました。

兄が連れて行くといったときも、初めは「ヤレヤレ」という顔を
していました。

しかし
いざ飼うとなったら、すごいすごい。。。

元々、すごく細かい夫婦なもので
とても真似できないほどの手のかけようでした。

両親いわく、「頭がいい!」「言葉がわかる」などなど
こっちの方が「やれやれ ┐(´-`)┌ まいったね 」ですよ。

兄と私の意見の一致は、「ここまで大事にされた覚えはない!」
この一言ですw

乳離れ後すぐ迎えた事、両親も決して若くはないため
ドックスクールに入れたほうがいいか?と言う話も出ました。
しかし、地方に住んでいるためスクールを選ぶことはできません。

やんちゃな子犬、しかも遊び好きのビーグル。
かなりがんばった様子ですw

でも、人が来る気配で「ワンワン!」・散歩すれば拾い食い。
その当時こういうDVDがあれば、もっと早くに楽にしつけられたでしょうね。

過去も現在も、楽しく二人と1匹の生活は続いています。
これからも、その生活を長く続けてくれることを祈っている娘です。





posted by ちんちろ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お犬さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。